ふたりで作る特別な手作り結婚指輪・ペアリング|東京指輪工房

結婚指輪を付ける日はいつ頃?


一生に一度の大イベントである結婚式。
そしてこだわり抜いた結婚指輪は付ける日を想像するだけでもわくわくしますよね。
しかし結婚指輪を付けるのに相応しい日って結婚式当日?
それとも入籍日?どちらが正しいのでしょうか。
今回は結婚指輪を初めて付ける日について解説していきます。

結婚式よりも入籍日の方が早い場合は?


指輪交換をするのは結婚式と決まっていますが、それよりも早く入籍してしまったら
結婚指輪を付けてもいいのでは?
と思われる女性も数多くいらっしゃるようです。
もちろん入籍した日から結婚指輪を付けることは間違いではありませんし、
むしろ夫婦となった訳ですから順番で行くとこの方が正しいと言えるかもしれません。

結婚式まで待ってもいいの?


結婚指輪をすでに用意してあるけれど結婚式当日まで付けるのは控えたい、
と考えるカップルも多数いらっしゃいます。
やはり一生に一度のイベントですから指輪交換の時に初めて付けたいと思う気持ちは
女性ならば誰しもが願うことでしょう。
さらに結婚式で付けたことが後々良き思い出となって、長い年月を経て
2人の記憶の中に刻まれると思うと実にロマンチックです。

結婚式までは婚約指輪で


入籍日と結婚式が同じ日に予定されているならば、それまでは婚約指輪で通すという人も
珍しくはないようです。
婚約指輪の場合は使用する期間に限りがあるため、タンスの肥やしとなる前に
少しでも身につけておきたいという意見もよく聞きます。
また結婚してしまうと意外にも婚約指輪の活躍する場面は少なくなってしまいますので、
必然的にその存在は薄れてしまうのですね。
そうなる前に結婚式当日までは婚約指輪を使用するというのも1つのあり方かもしれません。