サムシングブルー

幸せが永遠に続くおまじない

サムシングブルーのウェディング

サムシングブルーとは、西洋においては聖母マリアを象徴する色とされており、花嫁が聖母マリアと同じ青を身につけることで、幸せが続くといわれているおまじないです。日本でも聖母マリアのシンボルカラーである「青」を結婚式の中に取り入れるカップルも増えてきています。

 

そして、サムシングブルーは「花嫁が幸せな結婚生活を送れますように」という願いを込めたおまじない「サムシングフォー」の1つでもあります。本記事では、サムシングフォーの1つであるサムシングブルーの素敵な取り入れ方についてご紹介します。

サムシングブルーの由来とは?

サムシングブルーの由来

サムシングブルーのウェディングドレス

サムシングブルーの起源は、古いもので約200年以上前から伝わっているといわれています。そのルーツは、イギリスに伝わる童謡「マザーグース」の歌であるという説が一番有力です。

自由な恋愛が許されるようになった時代に、女性の幸せを願う歌として有名なり、歌の中に出てくるサムシングフォーを結婚式に取り入れると"幸せなれる"といわれるようになりました。

 

曲の歌詞には、“Something old, something new, something borrowed, something blue, and a sixpence in her shoe.(何か古いもの、新しいもの、借りたもの、青いもの、そして靴の中に6ペンス銀貨を)”という一節があり、この“Something ~”にあたる4つのアイテム「サムシングフォー:身に着けると花嫁が幸せになれる」といわれています。

その中の1つが『 something blue=サムシングブルー 』なのです。

サムシングブルーやサムシングフォーの意味とは?

サムシングブルーや
サムシングフォーの意味とは?

サムシングブルーとは、『結婚が幸せなものになるように、また花嫁様が幸せになれるように』という気持ちを込めたヨーロッパに伝わる伝統的なおまじない「サムシングフォー」の1つです。

サムシングフォーは、欧米の結婚式では一般的に深く根付く習慣で、イギリス皇室のロイヤルウェディングでも取り入れられています。

 

サムシングフォーのそれぞれに込められた素敵な意味をご紹介します。

 

サムシングニュー(新しいもの)
新しいことを始めるときに困難や苦難も乗り切れるよう、未来への希望を象徴を意味しています。

例えばウェディングドレスやヴェールを新しくされるのもおすすめです。

そして、お二人にとって特別な結婚指輪は、もちろんサムシングニューになります。

 

サムシングオールド(古いもの)
先祖から受け継がれてきた伝統や富の象徴を表し、家族の絆を引き継いで幸せな夫婦生活を送れるようにという意味が込められています。

近年では、サムシングオールドの演出のされ方が新しくなり、家族に伝わる伝統料理を参列者に振る舞われなどもあるそうです。

 

サムシングボロード(借りたもの)
友人や隣人との縁を表す象徴で、幸せに暮らしている友人からアイテムを借りて、幸せを分けていただくという意味が込められています。

友人からハンカチを借りる演出が一般的ですが、お直しなどで席を離れる際に"友人の手"を借り、エスコートしてもらうという演出も増えてきています。

 

サムシングブルー(青いもの)

サムシングフォーの中で唯一「色」を指定されていて、結婚式で花嫁が青いアイテムを身につけることにより幸せが永遠に続くともいわれおり、西欧では青は聖母マリア、純潔をあらわすカラーとされています。純潔を意味する青色のアイテムを花嫁が身につけることで、花嫁の「清らかさ」、「誠実な愛情」を表現するといわれています。

サムシングブルーの取り入れ方

サムシングブルーの取り入れ方

サムシングブルーのウェディングシューズ

サムシングブルーはかつて、「人目に付かないように、さりげなく身につける」という風習があり、ウェディングシューズやブライダル用ガーターベルトなどのウェディングドレスで隠れるように身に付けてられてきました。

 

近年では人目に触れられるところに取り入れる方も増え、お色直しにブルーのウェディングドレスやヘッドアクセサリー、そしてブーケなどに取り入れる女性も増えています。

サムシングブルーを取り入れた結婚式場

そして、イメージカラーをブルーにされる演出も増え、テーブルクロスなどのインテリアやバージンロードをサムシングブルーにされる方など多様です。

食器などのワンポイントでも、メインカラーとして演出してもサムシングブルーを美しく取り入れられます。

サムシングブルーの指輪

ジュエリーの場合は、イヤリング・ピアス、ネックレス、ブレスレット、指輪などで取り入れることができます。

サムシングブルーを結婚指輪に取り入れるなら

サムシングブルーを結婚指輪に
取り入れるなら

ブルーダイヤモンド

結婚指輪や婚約指輪は、結婚式当日だけでなく、生涯ずっと身につけるもの。

だからこそ、結婚指輪や婚約指輪でサムシングブルーを取り入れるのは、とても素敵なアイディアです。

もし「見えないようにそっと身につける」という本来のサムシングブルーの風習に従うのであれば、結婚指輪の内側にブルーの宝石をセッティングする方法がおすすめです。結婚式のあとも日常的に身につけることができる結婚指輪であれば、「これからも幸せがずっと続くよう」にと、お守りのように持ち続けられるはず。

 

おすすめのブルーの宝石をご紹介します。それぞれの宝石には宝石言葉がありますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

ブルートパーズ:「友情、知性、希望」

 

ブルーサファイア:「成功・誠実・慈愛」

 

ブルーダイヤモンド:「永遠の幸せ、絆を深める」

 

いずれも素敵な宝石言葉ですが、とくに「ブルーダイヤモンド」の宝石言葉は、これから長い人生を共にする夫婦にふさわしい言葉といえるのではないでしょうか。

ブルーダイヤモンドの結婚指輪

東京指輪工房では、石留めオプションでブルーダイヤモンドがセッティングされた指輪を作ることができます。ブルーダイヤモンド以外にも誕生石やホワイトダイヤモンドなどの宝石も選べます。

 

”特別な意味を込めた結婚指輪を作りたい”という方は、ぜひブルーダイヤモンドの石留めをしてみるのはいかがでしょうか?。