ふたりで作る特別な手作り結婚指輪・ペアリング|東京指輪工房

Color


カラー(色)

 
ダイヤモンドの4Cの1つ、カラーとは、ダイヤモンドの色のことです。
 
ダイヤモンドには窒素が含まれており、この窒素の含まれる量により完全な無色から薄い黄色まで自然の色がついています。
 
その色のグレードはアルファベットのD~Zで定められていて、無色(カラーレス)である”D”に近づくほど希少価値は高まっていきます。
 

ダイヤモンドのカラー


Dカラーのダイヤモンドは結婚指輪や婚約指輪などで好まれますが、完全な無色であるため希少性が高いので高価です。
 
しかし、クラリティもそうですが、カラーのグレードを見分ける、判別するのは鑑定の専門家であっても非常に困難です。
 
専門家が専用の照明の下でダイヤモンドをルース(裸石)の状態で見て、色の基準として使用されるカラーストーンと見比べてようやくその違いがわかるくらいです。
 
よほど黄色味の強いダイヤモンドでない限り一般の人に色の違いは見て取れません。
予算を考慮して選ぶのであれば、肉眼での色の判別が困難で、輝きにほとんど影響を与えないGHIカラーあたりのダイヤモンドを選ぶ、というのもひとつの手です。
 
 

ちょっと為になる話

 
余談になってしまいますが、ダイヤモンドの色は基本的に黄色で、この黄色味が強くなっていけばいくほど価値は下がっていきます。
しかし、この黄色味が「黄色味」ではなく「完全に黄色」と呼べるくらい突出して色が出ていると「ファンシーイエロー」と呼ばれ、逆に非常に高額で取引きされています。
 
また、世の中には実に様々な色の「ファンシー」ダイヤモンドがあります。
ブルーやピンクなどは人気が高い色ですね。