ふたりで作る特別な手作り結婚指輪・ペアリング|東京指輪工房

Tanzanite

12月の誕生石 タンザナイト

宝石言葉

誇り高き人・冷静・神秘・知性

「冷静さと思慮深さを与える」「人生をいい方向へ導く」というメッセージが込められているタンザナイトは、東アフリカのタンザニア、キリマンジャロの南斜面で発見され、ティファニー社が命名した宝石です。

 

「タンザナイト」という名前でよく知られていますが、この「タンザナイト」という名前はティファニー社がつけた商標名で、本来は「ゾイサイト」という鉱物の中でも青いもの、「ブルーゾイサイト」という石をタンザナイトと呼んでいます。
あまりにも限定された場所でしか採掘されないこと、宝石として通用するほどの石が少なくなってきていることから、非常に希少価値の高い石として扱われています。

そんなタンザナイトを身につけると、


◇知性・洞察力・直観力を高めたい
◇成功へ導く
◇チャンスをつかみたい

 

そんな願いが叶うかもしれません。

 

タンザナイトが持つ高貴なブルーは冷静さや知性を高めてくれると言われています。
冷静な判断力のおかげで選択肢の中から適切な選択ができ、チャンスを見極めて活かしたり、ピンチを乗り切ることが出来るパワーがあると言われています。

12月の誕生石 タンザナイト

タンザナイトのプチエピソード

タンザナイトにまつわるちょっとしたお話

タンザナイト好きにはたまらない!「へー」「ほー」となるエピソードをご紹介します。

タンザニアの大地

珍しすぎる宝石 タンザナイト

タンザナイトを太陽光の下で見ると、美しい青(群青色)をしています。
しかしライトの光などで見ると、気品あふれる紫色に輝き、見る角度によって青と紫、赤と紫といった多色性を持つ宝石です。

 

先にも述べたようにゾイサイトという石はいくつもの色がありましたが、不透明のピンクや緑色のものしかなく、宝石として使えるものはありませんでした。
タンザナイトはそんなゾイサイトのなかで初めてブルー系の原石として発掘された石だったのです。
さらに、タンザナイトは1967年に発見された比較的新しい宝石ですが、発見されてから現在に至るまで、タンザニア以外の場所では発見されていません。

 

限定された産地もそうですし、「色」でさえ希少というすごい宝石だったんですね。

成功に導く宝石

タンザナイトは宝石言葉にもあるように「冷静さ」や「判断力」、また「直観力」などを高めてくれる宝石と言われています。


古代ケルト民族の間では「霊力を授ける石」とも言われ、特別な儀式で使用されたり、権力者の装飾品としても用いられていたようです。

冷静な判断力はたくさんある選択肢の中から適切なものを選び出すことが出来るようになります。

 

その昔、タンザナイトを着けた霊能者が行った予言などの神がかり的な的中率は、それを見た人々も舌を巻くほどのものだったのでしょうね。

分かれ道
赤ちゃんにキスをするお母さん

タンザナイトのお取り扱いにご注意!

希少性も高く、美しい宝石のタンザナイトですが、その取扱いには注意が必要です。

というのも、タンザナイトは宝石の中でも傷が付きやすく、衝撃に対しても弱い宝石で、大切に扱わないと割れてしまったり欠けてしまったりします。

 

よく眼鏡やジュエリーをキレイにするために「超音波洗浄機」を使用したりしますが、タンザナイトが付いたジュエリーにはこれも厳禁!
眼鏡屋さんの店先に超音波洗浄機が置いてあることがありますが、タンザナイト付きの指輪などをしているようでしたら外してから使用するようにしましょう!

 

ただでさえ少ない、希少性の高い宝石です。
タンザナイトのお取り扱いにはご注意を!

タンザナイトの基礎知識

タンザナイトについてもっと詳しくなりましょう!

せっかく持っている宝石だもん!石のこと詳しく知って、もっともっとタンザナイトを好きになってください。

12月の誕生石 タンザナイト

和名

黝簾石(ゆうれんせき)

由来

語源は産地であるタンザニアにちなみ、ティファニー社が付けました。

硬度

6.5~7

産地

タンザニア

比重

3.35

結晶系

斜方晶系

光沢

ガラス状

誕生石について

誕生石にまつわるエピソードや込められた想い。
それぞれの誕生石の宝石言葉や特性などを知りたい方は下の宝石をクリックしてください。
 
ガーネット
アメシスト
アクアマリン
ダイヤモンド
エメラルド
ムーンストーン
ルビー
ペリドット
サファイア
トルマリン
トパーズ
タンザナイト